アイピー・パワーシステムズ株式会社

TOPサービス受変電設備工事/電気設備工事マンション電気設備の維持・更新

IPPS SERVICE 2受変電設備工事
電気設備工事

IPPS SERVICE

マンション電気設備の維持・更新

マンション電気設備の
維持・更新

当社では、マンションの電気設備の交換工事を行っています。

古くなった設備をそのまま使用していると事故や火災の原因となり安全面で大変危険であるだけでなく、急に壊れてしまった場合、居住者に多大な迷惑をかけたり、計画外の大きな出費となってしまいます。

そのような事態を避けるため、当社が経年劣化を確認し交換のご提案をいたします。

当社は設備機器メーカー等の定める推奨期間に沿って修繕を計画し、予防保全ができるよう率先して提案を行います。

マンション居住者の方々が安心して電気を使い続けることができるよう、管理組合さま、物件オーナー様にご支持いただけるサービスであると自負しております。

マンション受配電設備の概要
(共用部)

①区分開閉器
(UGS・PASなど)
電気の引込口に設置されている開閉器で、万が一需要家側で事故が発生した場合でも最後の砦となって波及事故(地域停電)を防いでくれる装置です。
中には開閉器と制御機器が内蔵されています。
※設置されていない場合は設置されますことをお勧めします。

※写真はUGS

※内蔵写真

更新推奨年:20年※内蔵制御機器は10年での更新をご推奨
②高圧引込ケーブル
(CV・CVTなど)
引込口からキュービクルまでを繋ぐ高圧ケーブルになります。経年劣化によりショート(短絡)や漏電が発生した場合は共用部全体の停電が発生します。

※写真はCVT

更新推奨年:15年
③共用キュービクル
高圧で受電し低圧で配電する機器の集合体です。
遮断器や開閉器、変圧器などが内蔵されています。
外箱(ケース)の寿命は設置環境に大きく左右され、状況によっては内蔵機器含め丸ごと交換することもあります。

更新推奨年:25年〜※使用環境により大きく左右されます
④高圧交流負荷開閉器
(LBSなど)
300kVA以下のキュービクルなどの主遮断装置(メインスイッチ)として用いられます。
過電流事故や漏電事故の際に作動します。
劣化が進んだ場合は不要動作出の停電や正常動作しないことで波及事故(地域停電)が発生することがあります。

更新推奨年:15年※高圧ヒューズも15年で交換をご推奨
⑤高圧真空遮断器(VCB)
300kVA超のキュービクルなどの主遮断装置(メインスイッチ)として用いられます。
過電流事故や漏電事故の際に作動します。
劣化が進んだ場合は不要動作出の停電や正常動作しないことで波及事故(地域停電)が発生することがあります。

更新推奨年:20年
⑥変圧器
高圧の電力を低圧の電力に変圧する装置です。
丈夫な機器ですので中に充填されている絶縁油等のメンテナンスを定期的にすることで長期間使用できる機器です。

更新推奨年:25〜年※使用環境により大きく左右されます
※内部の絶縁油は定期的な交換をご推奨
⑦高圧カットアウト
(PCS)
変圧器の保護に使用される開閉器です。
本体自体は磁器製であるため比較的丈夫ですが内臓されているヒューズは定期的な交換が必要です。
ヒューズが溶断した場合は、共用部の広範囲で停電が発生します。

更新推奨年:25年※内蔵ヒューズは6年毎の交換をご推奨
⑧コンデンサ・
リアクトル
電気設備の力率を改善し、無効電流(ロス)を減らす設備です。
経年劣化が進んだ場合は、機能不全だけでなく内部でショート(短絡)や漏電が発生し共用部全停電になる可能性があります。

更新推奨年:15年※使用環境により大きく左右されます
※内部の絶縁油は定期的な交換をご推奨
⑨保護継電器
(OCR・DGR・GRなど)
常時電流値・漏電値に異常が無いか監視し、異常時は各遮断器へ信号を送り動作させる装置です。
経年劣化が進んだ場合は不要動作出の停電や正常動作しないことで波及事故(地域停電)が発生することがあります。

更新推奨年:20年
⑩計器用変成器
(VT・CTなど)
保護継電器と合わせて使用され、常時高圧の電流や電圧などを測定している装置です。
経年劣化が進んだ場合は絶縁不良の発生や正しく測定できなくなり、不要停電が発生する可能性があります。

更新推奨年:25年
⑪配電用遮断器
(MCCB)
各専有部および共用部に配電し、異常時は遮断する装置です。
劣化が進んだ場合は不要動作出の停電や正常動作しないことで停電範囲が拡大することがあります。

更新推奨年:15年〜
⑫非常用発電機
停電時に自動的にエンジンが稼働し、発電する装置です。
災害などでの停電時に消防用設備などに電気を供給します。
劣化が進んだ場合は、正常に動作しない場合があります。
負荷試験含む定期的なメンテナンスをすることで長期にわたり性能を維持することができます。

更新推奨年:25年〜※使用環境により大きく左右されます

各機器の更新推奨年については、以下を参照しております。

  • 日本電気工業会更新推奨時期「汎用高圧機器の更新推奨時期に関する調査」
  • 電気学会寿命「工場電気設備の寿命とメンテナンスに関するアンケート調査報告」
  • 官庁仕様予定年数「官庁建物修繕措置判定手法」
  • 日本配電盤工業更新状況報告「配電盤仕様状況実態調査報告書」
  • 各メーカー推奨