アイピー・パワーシステムズ株式会社

TOPサービス一括受電サービス一括受電サービスとは

IPPS SERVICE 1一括受電サービス

IPPS SERVICE

一括受電サービスとは

一括受電サービスとは

従来のようにマンション居住者様が各戸で電力契約(低圧単価で購入)するのではなく、マンション全体で一括契約(高圧単価で購入)する事で、単価の安い高圧電力で契約する事が可能となり、低圧電力と高圧電力の単価差を捻出する事で、電気料金の削減を可能とするサービスです。

2016年4月に電力小売り全面自由化となり、居住者の皆様お一人お一人が、電力会社を選択する事が可能となりましたが、一括受電サービスは、2004年4月の高圧電力の自由化に伴い開始したサービスです。
2016年4月の自由化後、電力小売り事業者による電力以外の様々な付帯サービス等の提供がありますが、一括受電サービスは削減効果という観点では、高圧と低圧の電力の単価差より削減原資を捻出する事から、各お客さまの電力使用状況に左右されず、一定の割合での削減が可能であり、他サービスへのご加入条件等もありません。
よって一部のお客さまに限定される事なくメリットを享受いただけるサービスであると共に、既設マンションの場合は、サービスによる削減額を管理日・修繕積立金の不足などの改善にお役立ていただく事で、マンション資産価値の向上に寄与するものです。
(※目安として、新築マンションでは専有部の電気料金を5%、既設マンションでは共用部の電気料金を10~40%(平均)お安くする事が可能)
また、インフラ事業者として重要な緊急時の対応に関しても、24時間365日、万全な状態とし、常時、遠隔監視装置にてトラブル監視をする事で、いちはやく駆け付けが可能です。

新築マンションの場合
(マンションデベロッパー様)

新築マンションでの一括受電導入数は全国で約半数となっております。
マンション内の全居住者が、電力使用状況とは関係なく、目安として一率5%の割引額を享受いただけます。

新築の場合 
サービス提供までのワークフロー

既設マンションの場合
(マンション管理組合さま・
マンションオーナー様)

既設マンションへの導入については、マンション内電気設備の機器更新等をきっかけにご検討をいただいております。
サービス導入後は、共用部電気料金の削減額をご活用いただくことで、マンション内設備の充実など、より快適でご満足いただけるマンションライフを実現いただければと考えております。

既設マンションの場合 
サービス提供までのワークフロー